メキシコ国内線のLCC(格安航空会社)が安すぎる。

メキシコ空港 mexicoTRAVEL

メキシコLCC航空会社

メキシコは日本の国土の5倍もあるので、都市間の移動は陸路では大変…。

特に、私達が住んでいるカンクンは、メキシコでもかなり端っこの半島の先。

メキシコシティや太平洋側に出るには、どうしても飛行機移動が必要となってきます。

その為、メキシコの国内旅行を計画する時はLCC(格安航空会社)もよく使います。

LCCの代表的な航空会社

・VIVA AEROBUS ホームページ

・VOLARIS ホームページ

この2社がLCCの中でも本当に格安で航空券を出していて、飛行機飛ぶの!?って価格で航空券を販売。

日本の航空会社に慣れていると、メキシコのLCCは信用が無くて利用しない方もいらっしゃいますが…我が家は航空券の値段重視の為、結構利用しています。

勿論、なかなか飛ばなくて待たせれた事もあるけど、どの航空会社(アメリカ系とか…)もそんな事はあるので、運次第だと思います。

過去にすごく遅れたのは1回くらい(5時間位待たされた)

他は記憶に無いくらいスムーズに旅行出来ています。

航空券の値段

今回、どこか旅行に行く計画を立てていた所、昨年末にカンクンからモンテレイまでの格安航空券を発見!!

カンクンからモンテレイまで、片道直行が二人で$664peso。

約4500円!!

カンクンから、車で4時間くらいの街メリダへ行くバスよりも安い。

ビックリ価格です。

利用者が多い時期や、人気の時間帯などは高いので、タイミング良く買えた場合にはなりますが。

航空券の値段+空港使用税がかかります。

航空会社のホームページから航空券の値段をチェックすると、航空券代にプラスしてTUA(空港使用税)が別で請求されます。

これは、出発する空港によって値段が変わり、カンクンは$232peso(国内便)。

メキシコシティになると$638peso(国内便)になります。

結構な違い。

航空券代が安いと、このTUAが凄く高く感じます。

TUAの支払うタイミングは航空会社によって違う!

今まで、払わなきゃいけないものだし…とあまり気にしていなかったこのTUA。

実は、払うタイミングが航空会社によって違う事に気づきました。

航空券をキャンセルする可能性があるかも…という方はご注意。

VOLARISの航空券購入画面。TUAの支払いにチェックを入れないと購入ボタンが有効になりません。

VOLALIS航空券の購入時に支払いが必要

VIVA AEROBUSは、航空券のカテゴリーLightであればTUAの後払いが選べます。

VIVA AEROBUS

航空券のカテゴリーを上げると、TUAを後払いに出来る。でも、72時間前には支払いが必要。

ホームページからいつでも支払いは出来そうです。

今回、帰りのチケットはキャンセルする可能性もあるので、ギリギリまで決めかねていたんですが、日程が近づけば航空券代も上がるので安い時に買いたい…。

そして調べた結果、VIVAだったら高いTUAは72時間前までは払わなくてOK!

その為、カンクン戻りはVIVAで安いチケットを押さえました。

ちなみに、このチケット(モンテレイ→カンクン)2人で$205peso。

1人、700円くらいです。バスではなく、飛行機が。

でも、2人でも席指定(有料)とかもしてないです。

別に席がバラバラでもお互い気にしないので(笑

実際は、このチケット代にモンテレイのTUAを72時間前に払わないといけないので、$596peso(約4000円)プラスなので、1人4700円にはなります。

あまりにメキシコ国内旅行が安すぎて、もう別の国には行けなくなりそう…。

アメリカなんて、絶対行けない(笑

TUAは、払い戻しも一応出来ます。

TUAは空港使用税の為、航空券をキャンセルした場合は、航空会社に払い戻し請求も出来るそうです。

航空会社によって請求の仕方は変わるそうですが、電話をして入金の銀行情報や色々やり取りが必要なようです。

メキシコ人とのやり取りは、色々な意味でハードルが高いので、時間を無駄にする前に私は諦めますが…

あと、2歳以下の子供はTUAはかかりません。

メキシコ国内線はLCC!!

やっとコロナを気にせずに旅行が出来るようになったのに円安。

少し残念ではありますが、上手に抑える所はおさえて旅行を楽しみたいと思います。

メキシコの国内旅行であれば、LCCが安くて便利ですよ。

タイトルとURLをコピーしました